コーヒーメーカー

6

 

このフレンチプレスはポリプロピレン部分が多く、硝子とステンレスが主体の割りそうで緊張するデザインより気軽に扱えるところがいい。カフェイン摂取量を控えたい自分としては1~2杯の少量のみで入れられるこのサイズが良く、実際の感じも軽くて扱いやすい。
上部の持ち手の黒い部分がガラス容器の内側に少し出っ張っていて、メッシュフィルターを取り出す時にひっかかって邪魔に感じるが慣れれば問題ない。
粉の挽き方を変えて何度か試しているがいつも大体粉っぽい。粗挽きにすると味が薄くなり粉っぽさは同様で意味がない。ストレーナーを通すと少し緩和するがそれでも粉っぽさは残る。
今のところペーパードリップのおいしさを超えられてはいないが、お湯を入れて4分待つだけというのはペーパードリップより簡単で、紙の化学物質まで一緒に溶かしだして飲まなくて済むのでこれからも使い続けると思う。ハンドドリップにこだわって色々研究してみたものの、私のレベルではフレンチプレスには敵いませんでした。フレンチプレスで淹れた珈琲を飲んでからは、カフェオレの頻度が減りました。とにかくフレンチプレス用に挽いた豆を用意してきちんと計量するだけ!フィルターの紙ごみも出ませんし、味も香りも格別な珈琲を手軽に飲めます。ちょうど珈琲カップ2杯分なので、一度にもっと飲む方は上のサイズを。おまけの豆、おまけって量じゃないですよね!

Share

WordPress Themes